契約者貸付も利息は払う必要がある

資金の用途は制限されない

 保険契約において契約者貸付という制度がありますよね。この契約者貸し付けの注意点について書いてみましょう。でも、それより前にこの制度について書いた方がいいのかもしれません。これは保険の契約者が解約返戻金の一定範囲内であるなら、保険会社から貸付を受けられる制度のこと。ただし、経過年数が短いと貸付を受けられないという場合もあるので注意が必要です。尚、資金の用途は制限されていませんけども、掛け捨てタイプの保険に使うことは対象外となっていることが多いです。

 さて、この制度の注意点は貸付金に対して利息がつくことを忘れてはいけないということ。貸付の原資となっているのは自分のお金ですけども、利息は払う必要があるんです。一般的な消費者金融などよりも利率は遥かに低いですけども、それでも予定利率より高いそうです。消費者金融を利用するよりも、こちらの方がまだいいですけども、それでも利息がつく為、制度利用は勧められません。特に、限度額まで借りて元利合計が膨れていってしまうことは要注意と言えるでしょう。解約返戻金よりも元利合計が上回り、更に返済期日までに返済出来ない場合、契約失効ということになってしまいますから。ではでは。