経済的な理由で奨学金を利用

奨学金も返還義務があります。

 日本学生支援機構の奨学金についての話。この機構では、国内の第一種奨学金、第二種奨学金と、海外留学の為の第二種奨学金(海外)、第二種奨学金(短期留学)の4種の奨学金を実施しています。ちなみに、日本学生支援機構の奨学金というのは、経済的な理由によって就学が困難となっている優れた学生に対して貸与されるものであり、貸与後は必ず返還義務があるので、貰えるわけではないということは忘れないでください。

 ちなみに、第一種奨学金というのは特に優れた学生に与えられるもので無利息となります。第二種は利息がつきますが一種よりも審査は緩いです。利率固定方式か利率見直し方式を選択することができ、どちらを選んでも利率の上限は3%となります。返済額に関しては、日本学生支援機構のHPで変換シミュレーションシステムを使って計算することが可能だそうです。以前テレビで見ましたけども、奨学金の返済滞納者が非常に多くて国が抱える奨学金の借金も増えているとか。一生懸命返そうとしているけども返せないって人が増えているってことでしょう。しかし、このまま滞納が増え続ければ奨学金という制度自体が難しくなってしまったりもするのかもしれません。とにかく、必ず返済義務があるということを覚えておいてください。