残高スライド方式は大きく2種類

月々定額で払う支払方式

 残高スライド方式とは、月々決められている日に借入残高をチェックし、その額から返済定額、もしくは定率を変更する方式のことを言います。ちなみに、残高スライド方式とは言っても、実際にはもっと細かく分かれていて、『残高スライド定額方式』、『残高スライド定率方式』の2種類に大別されます。更に、前者が『残高スライド元利定額リボルビング方式』と『残高スライド元金定額リボルビング方式』に分かれ、後者が『残高スライド元利定率リボルビング方式』と『残高スライド元金定率リボルビング方式』に分けられます。

 何だか書いていてもややこしくなって来るほど細かく分かれていますね。ちなみに、この残高スライド方式の難点は、月々定額を払うということになる為、自分が好きな金額を支払うということが出来ないことでしょう。長期間に渡って返していくという人には向いているかもしれませんが、短期で返済してしまいたいという人にはあまりお勧め出来ない方式と言えるかもしれません。また、金融機関によっては残高スライドか定額かを選べたり、途中でもう片方に変更出来たりするところもあるので、借りる時にはそこら辺のことも考えて会社を決めた方がいいと思います。